2008年03月09日

クッキー的な

本日は終日、春日。3.5日の留守のあと、机が書類で盛り上がってました。
今日は中学生対象の事業で参加予定者が1名到着せず、館内外を探し続けるスタッフ。もしものことがあったら大変ですから。子ども対象の事業は気をつかいます。
帰宅すると我が家の中2次女は、来たるホワイトデーに備え、クッキー的なものを焼いていました。いまどきの中学生女子は、女子同士でバレンタインデーのチョコとホワイトデーのクッキーの両方を贈り合う、フシギな慣習を営んでいます。でも、いまどきの高校生女子であるはずの長女は、女子同士でも異性間でも、このような慣習とは無縁な様子。まあいいさ。わが道を行こうね。  


Posted by アートサポートふくおか at 22:23Comments(0)

2008年03月09日

おんかつ入間市

5日から8日まで埼玉県入間市に行っていました。
(財)地域創造の公共ホール音楽活性化事業(通称:おんかつ)のアシスタントコーディネーターとして、入間市市民会館が実施したフルート奏者・荒川洋さん&ギター奏者マーティン・フォーゲルさんによるコンサートのお手伝いのためです。
http://www.ictv.ne.jp/~sinko-sk/onkatsu.19.html
入間市内2つの小学校で計4回のアウトリーチ・コンサート、そして最終日にホールで本格的なコンサートというメニュー。荒川さんは新日本フィルのフルート奏者として活躍中で、久石譲さんによる宮崎アニメの音楽でも演奏されている方。作曲もされるので、入間市をイメージしたオリジナル曲
のプレゼントもあり、入間市民の皆さんは大感激の様子。特に、小学校の子どもたちのために作詞作曲された曲「みどりのまちへ」は、ホールでのコンサートのなかでも小学生の合唱で披露され、大いに盛り上がりました。
アーティストと一緒に学校や地域に入る仕事に携わり、毎度感じることですが、うまくいくかどうかの鍵は、結局のところ出会った人との縁を大切にする気持ちが関係者にあるかどうか、のような気がします。アーティスト側、地域側、どちらかの片思いではだめで、互いに気持ちが通じあったときに
はじめてしあわせな出会いが実現するし、その出会いから次につながる何かが生まれる。今回もそんな気がした「おんかつ」でした。

今もまだ、フルートとギターの端正な音が私のなかで響いています。しあわせ・・・ですが、昨夜帰宅して、締切が迫る仕事の多さにじっと手を見る・・・
  


Posted by アートサポートふくおか at 22:09Comments(0)コーディネーター