2009年10月20日

文化ボランティア全国フォーラム2009in滋賀①

さて、文化ボランティア全国フォーラム2009in滋賀。テーマは「次世代の文化力を育む~芸術と教育の連携 新たな挑戦!~」。とても盛りだくさんで、滋賀で実践されている芸術と教育の「連携」授業の今後を考え、進展させるための仕込みがさまざまに行われたフォーラムでした。

18日は昼前に事例報告会の関係者が集まって打ち合わせ。昼食をはさんで会場・機材の確認をしたあと、びわ湖ホールの中ホール(いいホールです)で子どもオペラ「泣いた赤鬼」の鑑賞。子どもオペラといっても、子どもが舞台に出るのでなく、びわ湖ホール専属の声楽アンサンブルメンバーの出演によるプロの舞台。ピアノとパーカッションの生演奏に乗せた作品で、学校に持って回れるカンパニーとして制作されていました。私は「泣いた赤鬼」にとても弱いので(昔、子どもたちに絵本を読んでやりながらグズグズ泣いて、子どもにひかれたこともありました)、うるうるしながら見ていましたが、本格的な声楽家によるステージに、子どもたちの反応も上々。鑑賞希望者が大変多く、急きょ2ステージに増やして対応したと聞きました。

終演後、いよいよフォーラムの開幕なので控室へ移動すると、「泣いた赤鬼」がすばらしかった、と滋賀の教育関係者の方々が絶賛されていました。そして「新しいびわ湖ホールの誕生を見た」とも。ホールとしてもさまざまな努力をしてこられたことと思いますが、本格的なオペラ等を上演する格調高いあり方に対し、敷居が高い印象もあったのでしょう。学校巡演も可能な子ども向けオペラ作品を制作したことで扉が1枚開いた、ということでしょうか。

そしてフォーラム。基調講演は、文科省の教科調査官(すごく長い肩書だったのですが、省略してすみません)の奥村高明さん。学校の先生でNPO活動も経験していて創作活動もして、で、子どものことをすごく考えている方でした。芸術と教育の連携、というときに、子どもが中心でなければいけないこと、子どもが芸術の道具になっても、まちづくりの道具になってもだめで、その子が伸びていくことにどう寄り添えるのかを真っ先に考えて取り組まなくてはいけないことをあらためて確認させられました。
講演のあとは、私も登壇しての事例報告会。私以外の報告者は横浜市の文化振興課主任調査官・鬼木和浩さん、NPO法人芸術家と子どもたちの堤康彦さん、そして、しが文化芸術学習支援センターの津屋結唱子さん。官民協働による仕組みを構築している横浜市と滋賀県、学校への芸術家派遣の草分け的存在の芸術家と子どもたちの報告に混じって、私は何をしゃべればいいんでしょう・・・とかなり悩んだのですが、参加者にとっては、こうした取り組みをどのように進めればいいのか、そのヒントがほしいのではないかと考え、零細NPOの取り組みから行政との協働で仕組みづくりへと進んでいった経緯や、現在関わっている芸術家派遣事業の制度についてお話しました。また、こうした取り組みをしていることから、ときどき行政から相談を受けることがあるのですが、その際に気になっていることを2,3お話しました。事例報告会は全体で140分。長いようですが、各報告が20分で、2人のコメンテーター(公立文化施設活性化事業アドバイザー・柴田英杞さん、琵琶湖博物館特別研究員・布谷知夫さん)の質問等が入るので、時間はぎりぎり。報告の時間20分を厳守するよう、お手伝いの学生さんが「残り3分」「2分」「1分」「おわり」と札を掲げられるのを見ながらの発表でした。「おわり」のあともしゃべり続けると「おわれ」が出るのでは? と冗談を言いながら登壇しましたが、私の番だけは時間ぴったり。中味はともかく時間だけは守ったわ、ふっ。 と満足?のいく報告でした。各報告者から重複して指摘された課題は、コーディネーターの重要性とプログラム内容の評価の問題だったように思います。各地でそれぞれに行われている活動ではありますが、共通する課題がくっきり見えたことで、ネットワークの必要性を感じた事例報告会でした。

その後の情報交換会では全国各地から集まった方々から声をかけていただきました。ごあいさつしないといけない方やお話したい方全員とは言葉を交わすことができなくて失礼しました・・・。
  


Posted by アートサポートふくおか at 21:57Comments(0)子どもの芸術体験

2009年10月13日

小呂島探検隊

芸術体験講座の打合せで小呂島へ。島への船便は、日帰りできる設定になっているのが週3日のみ。乗り遅れたら大変なので、緊張して出かけました。今日は好天に恵まれ、船が揺れなかったので、乗り物に弱い私&アリアタール企画(フラメンコ)の坂本憲昭さんは喜んでいたのですが、同じ船だった「情報」の授業を受け持つ先生が「こんなに凪いでいる日はめったにないですよ。私はいつも、学校で給食はいただきません。吐くから」とおっしゃったので「・・・」。
授業の打合せ等が終わり、小1時間ほど時間があるので、「島のご案内を。山道ですが、旧日本軍の弾薬庫などがありまして」と言われ、お散歩のつもりで出かけたら、これがアナタ、「山道」なんてありゃしない。クモの巣を木の枝で振り払いつつ、急斜面を幹につかまりながらの登山。先に立って案内してくださったE先生は斜面で足を踏み外し、お尻で滑っていかれました・・・。E先生は、わが娘2人が通った中学で吹奏楽部の顧問としてお世話になった方。この仕事を通じて再会できてうれしかったので、おしゃれしていったんですけどね、センセ。洋服にはびっしりとヒッツク植物が生えたようになりました。植物たちは、学校に戻る前に大半を落としましたが、落としきれずに福岡市本土に持ち帰ったものも多数。その使命を全うさせてあげました。
ああ、筋肉痛。  


Posted by アートサポートふくおか at 16:48Comments(0)子どもの芸術体験

2009年10月09日

譜めくり

午前。宗像市の小学校で芸術体験講座。声楽の廣吉里歌子さんとピアノの夏秋光代さんとご一緒。本日、人生初の譜めくりを体験させていただきました。楽譜、読めないんですけど、夏秋さんの目配せに合わせてめくりました。これも一種の芸術体験?

午後。久留米市の小学校で、久留米市芸術家派遣事業の打合せ。昨年もうかがった学校が演劇の授業をまた希望してくださいました。今日は先生方とだけお会いしましたが、「子どもたちは背が伸びているからビックリされますよ」と言われ、楽しみ倍増。  


Posted by アートサポートふくおか at 23:23Comments(0)子どもの芸術体験

2009年10月08日

生みの親

午前、春日。
午後、芸術体験講座の打合せで新宮町へ。新宮の学校は邦楽の西流(ウエスト・カレント)さんとご一緒するのですが、打合せは私1人。コミュニティバスに乗って一山越えて学校へ。担任の先生は音楽に造詣が深いようで、ノリもよく、楽しい授業ができそうです。西流さんと先生の共演を提案したら、寝たフリをされました。
この学校の教頭先生は、県教委でお仕事をされていたころに、芸術体験講座を創設された方。おかげさまでもう5年、続いていますよ。生みの親である方のもとで実施できる講座。成果をお見せしたいです。11月下旬なんですが、楽しみです。  


Posted by アートサポートふくおか at 23:33Comments(0)子どもの芸術体験

2009年10月07日

1度きりの

豊前市の小学校で芸術体験講座。フラメンコのアリアタール企画さんとご一緒。5,6年生ですが、とても素直な子どもたちで、フラメンコの踊りとパーカッションでのリズム体験を楽しみました。校長先生が海外の日本人学校におられたこともおありで、国際理解に関する取り組みにとても熱心な方。毎年、地域と連携してさまざまなゲストを迎え、たくさんの体験の機会を作り出しておられます。すごく恵まれた学校です。

午後は福岡市で来月行う活動の打合せ。6年生の1クラスが荒れているとのこと。太っている子に対するじめもあるようで、胸の痛くなる状況でした。先生方の纏う重い空気もつらいものがあります。授業の内容は演劇。この状況にあって、必要な取り組みではないかと、学校がつくってくださった機会です。でも、1回だけの出会いでなにができるだろうか・・・。

重苦しい気持ちを抱えたまま帰宅。郵便受けにちょっとうれしいものを発見。昨年刊行した拙著『芸術文化がまちをつくる 地域文化政策の担い手たち』の書評が文化経済学会の学会誌に掲載されました。内容を知らないままだったので、今日、初めて読み、温かく書いてくださっていることに感激。今後の励みにいたします。  


Posted by アートサポートふくおか at 23:55Comments(0)子どもの芸術体験

2009年09月29日

カッコイイ

北九州市の小学校で芸術体験講座。ジャズダンスのシン・ダンシング・ブリーズさんの授業。11月の学習発表会で披露することが目標なのですが、今日初めてダンスを体験した3年生の子どもたち。簡単にはできない振り付けなので四苦八苦していました。でも、やっぱりカッコイイ音楽に合わせてカッコよく踊るのは楽しいのでしょう。90分間、踊りっぱなしに近い状態でしたが、よくついてきました。最後のポーズ、決まってましたよ。あとは担任の先生のご指導で本番まで練り上げていくことになります。汗だくで踊っていらした先生方、がんばってください。
  


Posted by アートサポートふくおか at 22:04Comments(0)子どもの芸術体験

2009年09月24日

全然!

午前。福岡県芸術体験講座で筑紫野市の小学校へ。和太鼓の「川筋太鼓」さんの体験授業。川筋太鼓・楽鼓座さんは「ジャパン・マーベラス」と改名されて、よりバージョンアップされています。
午後。大牟田市の中学校で同じく芸術体験講座の打ち合わせ。こちらはゴスペルのF.C.G.Cさんとご一緒。プログラムについて話し合うなか、校長先生がギターがお上手でゲリラライブ(!何をするんだ!?)もしてしまう、とうかがったので、共演のお願いをすることに。共演する曲は、なんと「校歌」。アーティストさんからのご提案で、私もおもしろいと思いましたが、学校にとって「校歌」をアレンジするというのはどう受け止められんでしょう? 不安に思いながら「校歌でふざけてはいけない、と言われれば、それまでですが・・・」と切り出すと、校長先生、担当の先生、音楽の先生の3人が同時に「全然!」とおっしゃいました。よっしゃ。  


Posted by アートサポートふくおか at 23:17Comments(0)子どもの芸術体験

2009年09月04日

学校&学校

午前。福岡市内の小学校で福岡市能楽協議会さんのワークショップ型授業の見学。ふくおか県民文化祭「芸術体験講座」の一環で、私の担当団体ではないのですが、今度、久留米市の芸術家派遣でお世話になるので勉強のために。試行錯誤を重ねて完成形に近い内容になっているので、大変わかりやすかったです。行ってよかった。
午後。宗像市の小学校で私が担当する芸術体験講座の打ち合わせ。アーティストは声楽の廣吉里歌子さんとピアノの夏秋光代さん。実演と体験のバランス、卒業式で歌う合唱曲の指導という実践的なご要望の取り込みも含めて総合的にプログラムをつくります。
今日の2校はいずれも落ち着いた雰囲気。

明日から横浜。横浜クリエイティブシティ国際会議と文化芸術創造都市ネットワーク会議に参加してきます。  


Posted by アートサポートふくおか at 23:59Comments(0)子どもの芸術体験

2009年08月23日

夏休みこどもアートバスツアー

春日で「夏休みこどもアートバスツアー」。時節柄?若干名の不参加者が出ましたが、集まってくれた子どもたちにはケガもなく、無事終了。
行先は福岡アジア美術館。ふれあい文化センターから市のバスで往復しました。
撮影した写真を整理していると、行きのバス内のカタイ表情から、午前の展覧会鑑賞、午後のワークショップとどんどん表情が弾けていくのが見えてきました。特に、ワークショップではカンボジアのアーティスト、リアン・セコンさんの「とにかくフリー。なんでもアリ」という言葉に、嬉々として制作に取り組んでいました。子どもも大人も・・・一般公募で集まった企画運営スタッフの方々も、最初こそ「いえ、私は・・・」と尻ごみしていたものの、後半は子どもそっちのけ。
作品はコラージュなのですが、絵を描いた子もいれば、立体作品のようになった子もいて、かなりステキ。完成した作品を、セコンさんは「イマジネーション」「ランドスケープ」「アブストラクト」の3つに分けて、それぞれにコメントしてくれました。それぞれのいいところを見つけてくれて、子どもたちはうれしかったことでしょう。最後に、「創作するのはプロのアーティストだけではない。今日はみんながアーティストだった」と言ってくれたセコンさんの言葉、私もなんだかうれしかったです。
4月から今日のイベントを文字通り「企画運営」してくださった市民スタッフの皆さん、万全の受け入れ体制を整えてくださった福岡アジア美術館の皆さん、ありがとうございました。  


Posted by アートサポートふくおか at 21:13Comments(0)子どもの芸術体験

2009年07月15日

学校のなかのコーディネーター

午前、春日。午後、久留米。
久留米では、芸術家派遣の下打合せのため南薫小へ。昨年も実施した学校ですし、文化芸術コーディネーター養成講座を受けてくださったM先生が窓口なので、話が早いです。外国から転入してきた子どもたちのために、その子のお国の芸術を学ぶ機会をつくるのが今回のテーマ。授業実施の大枠がさっくりと決まったので、アーティストへの依頼に入ります。学校側コーディネーターともいうべきM先生がいてくださると、ホントにスムーズ。M先生もおっしゃっていましたが、総合的な学習の時間などで学校に外部の人材が入る機会がかなり増えているのに、担任の先生では十分な打ち合わせの時間などがとれないのが実情。東京や神奈川県のように、いくつかの学校に1人ずつでも、学校と外部の人材を結ぶコーディネーターが配置されていれば、先生方の負担を増やさずに授業内容のレベルアップも図れるのですが。  


Posted by アートサポートふくおか at 21:50Comments(0)子どもの芸術体験

2009年07月01日

音楽の玉手箱

春日で音楽の玉手箱・音楽体験教室。ヴァイオリン・チェロ・ピアノのトリオで小学5年生を対象とした授業を実施しました。45分授業に楽器体験もお話も盛り込んだ内容で×3回。裏方もかなりくたびれましたが、アーティストさんも大変だったと思います。大雨で裏方スタッフが予定の時間に出勤できないという悪条件下、まあ、なんとか無事に終わりました。

さあ、今日から1年の後半。今年度も1/4が終わったんですね。今年度事業が本格始動する季節。これからしばらく忙しい日々が続きます。はひ。  


Posted by アートサポートふくおか at 22:43Comments(0)子どもの芸術体験

2009年06月03日

学校を訪ねる旅の始まり

午前、石橋文化センターで芸術家派遣事業に関する初回の打ち合わせ。2年目を迎え、より一層、内容を充実させたいところ。昨年度のコーディネーター養成講座受講生で、この事業のコーディネートをしてみたいと手を挙げた方々ともご一緒することになっています。新たな展開。
久留米大での講義の御礼でセンターの西依事務局長さんと美術館の後藤課長さんをお訪ねし、せっかくなので開催中の「Passion」展を見てから福岡に戻りました。平日の昼間ですが、展覧会も庭園も大盛況。レストランは席があくまでかなり待ちました。
実家の父の様子を見てから帰宅。夜にかけて福岡県芸術体験講座に関する調整業務。今年も夏からたくさんの学校訪問が続きそうですよ。今年は地図がわかりやすい学校が多いといいな。  


Posted by アートサポートふくおか at 00:28Comments(0)子どもの芸術体験

2009年05月05日

魔法の授業

朝の報道番組で、ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポンの教育プログラムが紹介されていました。ラ・フォル~は本家・フランスの有名なイベントを東京に移植した、クラシック音楽の一大イベント。安い金額で子どもから大人まで気軽にクラシックが楽しめる工夫がちりばめられた祭典です。朝から晩まで、45分くらいの短いコンサートがあちこちで行われ、子どもを対象としたプログラムも充実しています。
ファンキーな感じの公式サイト→http://www.lfj.jp/lfj_2009/

番組では、そのイベントの一環として行われた小学校での音楽家による授業の様子を「魔法の授業」と題して紹介していました。
クラシック音楽に「堅苦しくてつまらない」という印象を持つ子どもたちが、目の前で室内楽の生演奏を聴き、音楽と音楽家に親しむ授業を経験したあと、ホールでオーケストラのコンサートを鑑賞します。効果てきめん、子どもたちの表情が変わっていく様子が、ごく短い編集でしたが、映し出されていました。
一緒に見ていた長女が「いいなぁ。ウチの小学校ではこんな授業がなんでなかったんだろう」とつぶやきました。そうだね。母は、君たちにこういう経験をしてもらいたくてNPOをつくったんだよ。でも君には間に合わなかったね。君の子どもの時代には、福岡でもきっと・・・。
  


Posted by アートサポートふくおか at 23:17Comments(0)子どもの芸術体験

2009年04月22日

リサーチシリーズVol.3刊行

午前・春日。3時間のみの勤務で早退し宗像市へ。市民文化・芸術活動審議会の条例起草部会なのでした。サプライズ人事で部会長になりましたが、ここでの議論は、事務局も委員もざっくばらんに話ができて楽しいものでした。猛スピードで進行しないと間に合わないスケジュールになっていますが、なんとかなる、でしょうか。

MLでも流しましたが、今年1月の文化政策レクチャーでお話をうかがった滋賀県の「しが文化芸術学習支援センター」の事例と、2月にヒアリングを行った「横浜市芸術文化教育プラットフォーム」という、子どもの芸術体験を支える仕組みの先進事例に関する報告書を刊行しました。福岡版の仕組み構築を目指した若干の考察も加えています。
「リサーチシリーズVol.3 官民協働による子どもの芸術体験サポートシステムに関する研究報告書~「しが文化芸術学習
支援センター」に関するレクチャーと「横浜市芸術文化教育プラットフォーム」についてのヒアリングの記録~」
http://www.as-fuk.com/publish/090422.html

滋賀のレクチャーは当日のお話のテープ起こしです。横浜のヒアリングは関係者それぞれへのインタビューをもとに私が執筆して
います。
ハズカシながら定価500円(税込、送料別140円)。購入ご希望の方は、アートサポートふくおかへのメール(office@as-fuk.com)で、「リサーチVol.3購入希望」と記入してお申し込みください。郵便振替用紙を同封してお送りいたします。
送付先の記載をお忘れなく。公費でのご購入などで請求書が必要な場合はメールにお書き添えください。
なお、恐れ入りますが、送料と振込手数料のご負担をお願いしております。なにとぞよろしく・・・。
  


Posted by アートサポートふくおか at 23:37Comments(0)子どもの芸術体験

2009年04月20日

疑問

久留米大での地域文化政策論2講目。今日も学生が多い・・・。
今日のテーマは芸術文化と教育。芸術文化を通じた「人づくり」の一領域として取り上げました。ちなみに来週は芸術文化と福祉・医療。芸術文化と教育との関わりについては、自分が実践している領域でもあり、紹介する素材もたくさんあるので取捨選択に困りました。映像で見せないと何の話だかわからないので、できるだけ現場の「絵」を使います。もろもろ事例を紹介して、芸術文化で教育に対し何をアプローチするのか、何ができるのか、そうした活動を支える主体は誰か、といった話をしました。最後に書いてもらった小レポートには、ほとんどの学生が「こういう活動は大切だ。もっと盛んになるべきだ。自分もこんな授業を受けたかった」と書きます。例年のことです。まあ、私が関わっている活動のことをしゃべっているし、採点される「公式」のレポートですから、こう書くのでしょうが、中には本質的な疑問をぶつけれくれた人も。「なぜアーティストですか?科学者ではだめですか?」「この授業を受けた子どもたちは、活動の意味がわかっていないと思う。楽しいだけでいいのか」「こういう授業を行う時間を作り出すのは難しいはず」。
そうです。私たちが活動するなかで、常にぶつけられる疑問であり、ぶつかる壁であり、答えを探し続けていることです。
来週、できるかぎりお答えします。  


Posted by アートサポートふくおか at 21:49Comments(0)子どもの芸術体験

2009年03月09日

福岡バージョン

福岡市文化芸術振興財団の職員さんとNPO法人子ども文化コミュニティさんとの研究会。協働による子どもの芸術体験サポートの仕組みをつくることを念頭に、今年度から始めた非公式な集まりの7回目。1月末の滋賀の事例を取り上げた文化政策レクチャーや、先月の横浜でのヒアリングもこの研究会と連携した活動です。今日は滋賀や横浜の事例について、私たちなりに検証。そこから福岡バージョンの仕組みを考えるのは大変ですが、やるべきことです。
パスポートの期限が切れていることに気づき、申請に。新しいパスポートは何回使うことになるのでしょうか。  


Posted by アートサポートふくおか at 21:47Comments(0)子どもの芸術体験

2009年03月06日

達成感

昨日。久留米市の小学校での演劇授業2日目にして最終日。子どもたち、がんばってくれました。2つのクラスが互いに作った作品を見せ合うことができました。お互いに「おもしろい!」と認め合ってくれました。前回の訪問では作品の発表を中断しなくてはならない状況になりましたが、そのときに得られなかった「達成感」、今度は感じてもらえたと思います。
学校の先生方、(花粉症と戦う)柏木さん、アシスタントのみなさん、ありがとうございました。
本日。終日、春日でPCの前。目に何か入ったようなので目薬をさそうと上を・・・向けない。文字通り首が回らない状態になりました。あらー。
先日、お誘いをいただいたロンドンのCreative Partnerships の活動に関する調査旅行、万難を排して行くことにしました。今月末からの1週間。各方面にご迷惑をおかけしますが、きっと成果があると思っています・・・あ、パスポートが期限切れ。  


Posted by アートサポートふくおか at 22:53Comments(0)子どもの芸術体験

2009年03月04日

今度こそ

久留米市の小学校で、柏木陽さんと演劇の授業。昨秋、最後の作品発表会を中断し、参観に来られていた保護者の方にお帰りいただいた学校で、再度のチャレンジの機会をいただきました。
今回は今日・明日の2日間。集中して話を聞いたり、1つのことにみんなで取り組んだりすることがイマイチ苦手だった3年生ですが、今回は格段の成長が見えてビックリしました。ちゃんとルールを守ってゲームができるんですもん。身体を使った造形も、あら、できる。どんなものをつくるかの話し合いに全員が参加してまとまるようになるとバッチリですよ。
明日はこの発展形で作品づくり&発表。さあ、今度こそ。  


Posted by アートサポートふくおか at 23:23Comments(0)子どもの芸術体験

2009年02月28日

クレパス

福岡市東区の香椎小学校区子ども会育成会さんの事業のお手伝いで県立美術館へ。「中村琢二と風景画の魅力」展の鑑賞とクレパス画のワークショップのコーディネートをさせていただきました。
都会の子ども、それも6年生ばかり20数名ですから、斜に構えた感じの子もいるかな、と思っていましたが、全然。学芸員・竹口氏の軽妙なギャラリートークで、絵を見る際の「視点」のヒントをつかんだ子どもたち。お友だちと、あるいはひとりで、それぞれの見方で会場内を回っていました。
お昼をはさんで後半は小川直美さんを講師に迎えてクレパス画ワークショップ。小学校に入るとあまり使う機会もなくなるクレパスですが、多彩な表現ができるおもしろい画材です。今回はハガキを使って、まずは好きな1色を選び、とことん塗りこみました。同じ色でも人によって違う感じになるから不思議。クレパスを折る音やにおい、塗りこんだクレパスの表面の触感も楽しみました。2枚目以降は、さまざまな色を重ね、ひっかいたり削ったり、粘土のように盛り上げたり。最初はエイリアンを描いていた男子もいつのまにか「色の魔術師」とでも呼びたくなるようなステキな作品をつくりあげていました。タイトルをつけてみんなで鑑賞。
当初、「自分はやり始めると、熱中して全体の様子を見ることができなくなるから見学で」と言っていた学芸員・竹口氏もいつのまにかぬりぬり。私は「ばば色」だと思ったけど、「心の青空」なのだそうで、うーん。  


Posted by アートサポートふくおか at 21:30Comments(1)子どもの芸術体験

2009年02月23日

夏休みこどもアートバスツアー企画運営スタッフ募集

終日、原稿執筆。先日の横浜での調査をもとに報告をちゃんと書こうと努力中。直接うかがったお話を起こす作業は終わりましたが、そこからまとめていく作業は難儀です。骨格だけできた、かな。

ところで、今、春日市で「夏休みこどもアートバスツアー企画運営スタッフ」を募集中です。美術館がない春日市の子どもたちに美術鑑賞の機会を提供し創作ワークショップも併せて行おうというツアーです。昨年の夏にも実施して好評でした。昨年は、移動美術館展のときに活躍してくださったアートボランティアさんの有志にお手伝いいただきましたが、今回はさらに主体的に関わっていただこうと「企画運営スタッフ」を募集します。どこに行ってどんな活動をするのか、私と一緒に考えてください。で、当日までの運営を一緒に担当してください。機動力のある方、歓迎です。詳しくは説明会でお話しします。
こちらをご参照ください。↓
http://www.fure-ai.or.jp/bus_tuor.html
  


Posted by アートサポートふくおか at 23:45Comments(0)子どもの芸術体験