2010年09月18日

枝光本町商店街アイアンシアター

朝から北九州へ。枝光本町商店街アイアンシアターのバックステージツアーに参加するためです。「えだみつ演劇フェスティバル2010」の一環なのでした。アイアンシアターは、福岡銀行の支店だった建物を演劇公演ができるよう簡単に改装、設備を整えた劇場。100席程度の設置が可能で、銀行の金庫室やATMの跡も残る独特の空間が広がる1Fと、アトリエ(小公演も可能)や宿泊しようと思えばできる?部屋もある2F、そして打ち上げでバーベキュー会場になるという屋上があります。
このあたりはその昔、八幡製鉄所(新日鉄)があり(今はスペースワールドが目の前)、往時は芝居小屋などもあってにぎやかな界隈だったそうですが、今は商店街もひっそりとした様子。この地域の活性化を願って住民、商店街経営者らが北九州の劇団と協力し、空きビルを劇場として再生させたのでした。
ツアーはまず、商店街めぐりから、というか、ほとんど商店街めぐりでしたが、行く先々で昔の写真を見せてくれたり地域の歴史を語ってくれたり、試食品が出てきたり。日ごろのお客さんよりずいぶん若い人たちがまちを歩いているのがうれしくて仕方がない様子でした。
劇場がオープンして1年半ほど。レジデントカンパニーになっている「のこされ劇場Ξ」の皆さんは、地域に入るために最初はゴミ拾いと挨拶から始めたそうです。劇団の公演をお知らせに回るより前に地域に顔見知りを増やしていったあり方が地元のおじちゃん、おばちゃんの好感を得たのでしょう。みんなにかわいがられている様子が伝わってきます。お芝居を見せるだけではない、地域とつながる演劇の可能性を感じる小劇場でした。
枝光本町商店街アイアンシアター公式サイト
http://otegarugekijou.org/irontheater/index.html

同じカテゴリー(アートと地域)の記事
 芸術文化のまちづくりゼミ (2011-04-08 21:43)
 迎賓館 (2010-08-20 22:17)
 瀬戸内国際芸術祭③ (2010-07-31 23:17)
 瀬戸内国際芸術祭② (2010-07-31 22:50)
 瀬戸内国際芸術祭① (2010-07-31 22:32)
 汲めども尽きぬ (2009-11-28 21:38)

Posted by アートサポートふくおか at 22:08│Comments(0)アートと地域
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。