2018年10月28日

夜中のノリ

福岡女子大学アートマネジメント人材養成事業・特別講座第2弾。彫刻家・片山博嗣さんのワークショップ。視覚障がい者と晴眼者が一緒に参加する創作活動と、片山さんの彫刻作品を触る鑑賞活動の2部構成。ぜいたくな時間でした。盛りだくさんな3時間に小学2年生から70代までの参加者が集中して取り組んでくださり、終了後も作品を前に語り合う方たちが何人もおられました。片山さんのお人柄もあいまって、温かなものが流れるワークショップ、マネジメント側の者としては無事に終了してホッとしました。

帰宅後。ワークショップの余韻があるからか、立ちっぱなしで身体は疲れたのに気持ちがノッて、来月前半までの講演等の準備ができてしまった。やや心配な学生の活動もできるような気がしてきました…夜中のノリみたいなものでしょか?



Posted by アートサポートふくおか at 22:34│Comments(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。