2008年11月12日

空クジなし?

11日。県の芸術体験講座で八女市へ。5,6年生を対象とした朗読劇の体験授業。事前打合せでは、「田舎の子なので表現力が乏しくて・・・」と言われていましたが、思ったとおり、そんなこたーない。ごく短時間の練習でしたが、マイクを前に堂々と「演技」をしていました。
12日、久留米市の芸術家派遣事業。小学3年生を対象とした演劇の授業の2回目。前回は、元気すぎて人の話を聴いたりルールを守って遊ぶことが苦手な子もいる様子でしたが、格段の進歩が見えた感じ。お昼、教室で子どもたちと一緒に給食をいただきました。当然、子どもたちは講師の柏木さんが自分の席の近くに来ることを期待しているわけで、私が座った周辺の子はハズレを引いたようなもの。ガッカリする子を「いいやん、別に」とたしなめる気くばりのある子もいて、ギャングたちのステキな一面をまたひとつ見つけました。

同じカテゴリー(子どもの芸術体験)の記事
 経験のある人から、ない人に伝える (2011-09-14 00:27)
 キラキラ (2010-10-26 22:26)
 至福 (2010-09-28 22:58)
 子どもの時間 (2010-08-22 22:33)
 リズム感 (2010-07-06 22:30)
 芸術体験ワークショップ見本市2010 終了! (2010-05-11 23:51)

Posted by アートサポートふくおか at 23:10│Comments(0)子どもの芸術体験
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。