2014年08月20日

@旅2

午前。次女の相談ごとにつきあって部屋におこもり。午後から外出。ヨコハマトリエンナーレ2014見学Part.2。本日は象の鼻テラスの「ヨコハマ・パラトリエンナーレ」から。ヨコトリに合わせて開催されている障がいのある方々とさまざまな分野の専門家によるトリエンナーレ。いずれも美しいのですが、ある種のこだわりが強いタイプの方々による反復する行動が作品化するとこんなにおもしろいのかと。象の鼻テラスから歩いて新港ピアへ。こちらはヨコトリ本展会場のひとつ。福岡アジアトリエンナーレ2014との相乗り展示の会場に掲示されている、アジ美の黒田学芸課長の一文に打たれましたぞ。ネタバレになったらいけないから書きませんけど。
無料巡回バスに乗って黄金町バザールへ。この催しが始まったころのような親しみやすさよりは、若手の生々しい活動の息遣いを感じました。2階建て建築物の階段がものすごく急なことがどの会場でも共通していて、ちょっとどきどき。作品の数が多いので、スタンプラリーのスタンプ、たくさん押せますよ。



Posted by アートサポートふくおか at 23:18│Comments(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。