2008年05月13日

努力した人にはそれなりに・・・

すでに昨日になった12日、久留米大学経済学部「地域文化政策論」の講義に石橋美術館の後藤さんをお招きしました。石橋正二郎さんと久留米市とのご縁、石橋美術館の教育普及活動などを丁寧にご紹介いただき、いい学習の機会になりました。圧倒的に経験不足の学生たちですから現場に足を運んだり、現場に関わる方のお話をうかがったりすることはとても大切です。
今年の学生、41名登録のうち40名はホントに履修する意向があるようです。積極的な授業態度とはいえませんが、とりあえずマジメ。でも美術館見学を必須としているのに行ってないのが6名! これまでの授業に出てきていないので単位認定の要件などを説明したのに聞いていないのですね。連休が終わって「ボチボチ・・・」と出てきたのでしょうか。そんなん、通用するもんかい! 本来なら「出席に及ばず」と言い渡してもいいのでしょうが、一応救済措置を考えました。美術館見学より負担の大きいレポートを出題するからね。単位が欲しくばそれなりの努力はしてくださいよ。


Posted by アートサポートふくおか at 00:29│Comments(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。