2014年08月22日

@旅4 

午前。無料シャトルバスでモエレ沼公園へ。イサム・ノグチがプランニングしたことで有名な公園ですが、もとはごみ処分場だったところ。ごみ、治水、緑化という、札幌の都市化に伴う課題に対応するために造成された場だとのこと。ここで札幌国際芸術祭のゲストディレクター坂本龍一と異分野の専門家とのコラボ作品鑑賞。樹木に取り付けた特殊な装置から、音楽と映像が生み出されているインスタレーション。オープンスペースとクローズドの室内と、2つの作品がありましたが、オープンスペースは修学旅行?保育園の親子遠足?で会場内がにぎわう時間帯の鑑賞はちょっと難しかったです。今日は雨天だったので、外で遊べない団体さんが屋根のある1か所に集まっちゃたんでしょうね。
午後。市街地にもどり、昨日見損ねた地下街の500m美術館を行ったり来たりしたあと、ダンス公演「BABEL[WORDS]」鑑賞。スバラシかったです! 14の国から終結した13人のダンサーと5名の音楽家による国や言語、文化の境界を超えた作品、といってもなんのこっちゃらですが、とにかくスゴかったです。こういう作品は「芸術祭」でないと招へいできないのではないかと思うので、ホントに観ることができてヨカッタ。
  


Posted by アートサポートふくおか at 22:28Comments(0)